事業内容
HOME > 事業内容 > 技術紹介

技術紹介

  • ボンドシリンダー工法

    ボンドシリンダー工法

    ボンドシリンダー工法とは、あらゆるコンクリート構造物に対応する、ひび割れ修復の工法です。
    ひび割れにエポキシ樹脂を自動的に低圧・低速で連続注入することができ、奥行きの深いひび割れに確実に注入できます。

    作業管理が容易で一日で工事が完了する特徴があり、様々な修復現場で使用されています。

  • モルタル充填工法

    モルタル充填工法

    コンクリート構造物に発生した欠損をエポキシ樹脂系およびポリマーセメント系のモルタルで補修する工法です。
    露筋部へはSK錆止め剤を塗布することにより、錆の進行を防止することができます。

  • シーリング打替工法

    シーリング打替工法

    劣化したシーリング材を撤去、再充填し防水機能を修復する工法です。
    劣化の状況、目地のに合わせて適切な工法で修復を行います。

  • RISライトハードエース(初期膨張性ポリマーセメントモルタル)

    RISライトハードエース(初期膨張性ポリマーセメントモルタル)

    RISライトハードエースはコテ塗り用高性能ポリマーセメントモルタルです。使用時に水を加えて練り混ぜるだけで、コテ塗りによる厚付け施工を容易に行うことができ、工期短縮が可能です。
    従来のモルタルでは不可能であった高強度性を実現しおり、初期膨張性・強度発現性・低収縮性があり、優れたひび割れ抵抗性があります。

    【適用個所】
    ・橋梁天井スラブ、柱、梁など
    ・暗渠、トンネル
    ・桟橋などコンクリート構造物
    ・二次製品の欠け補修

  • デンカハードロックⅡ

    デンカハードロックⅡ

    デンカハードロックとは、コンクリート補修・補強から各種鋼材の接着に使用できる高性能の接着剤のことです。

    低温の環境でも早い硬化ができ、耐湿性が高く、乾湿の繰り返しによる強度低下がない特徴があります。
    従来のエポキシ系樹脂では難しかった水に濡れた個所や、液状オイルが付着したひび割れ面の接着が可能です。
    また、取扱いが容易で環境に優しい原料を使用しているため、安全性が高い接着剤です。

    【適用個所】
    ・ひび割れ注入、コンクリート接着
    ・繊維シート補強、銅板補強
    ・銅版接着、断面修復、アンカー定着など

  • ハイセルOH(ハイセルオーハー)

    ハイセルOH(ハイセルオーハー)

    東邦化学工業株式会社のハイセルOHは、親水性ウレタン樹脂注入材で、高い止水能力を持つ製品です。
    水と反応して固結するため止水性能に優れています。
    コンクリートのひび割れなどからの漏水を防止することができます。

    親水性タイプは、少ない薬剤で多量の水をとめることができ、疎水性タイプは高い強度と耐久性を持ち、充填材として使用が可能です。

  • TAPグラウト工法

    TAPグラウト工法

    TAPグラウト工法は、今までの止水工法のコンクリートの表面のみの処置では、対応しきれなかったコンクリート構造物内部に存在する水の道の問題を解決する工法です。
    “TAP注入機”を用いて“タップグラウト注入液”を継続的に高圧力をかけて充填することで、コンクリート躯体内に存在する空間(隙間)や水は注入止水材に置換されます。
    止水効果はもちろんのこと、密度や耐久性の向上、施工性および経済性、さらに美観上からも画期的な工法です。